DESIGN CAMP NARA Japan

2017年10月11日(水)~10月19日(木)奈良県東吉野村を拠点に「DESIGN CAMP @ 奥大和 with DOOR to ASIA」と題した滞在型プログラムを実施しました。インドネシア・シンガポール・台湾から3名のデザイナーが来日。奈良在住の地元クリエイター3名とともに、東吉野村にあるクリエイティブ交流拠点施設「オフィスキャンプ」に滞在しながら、前半3日間は奥大和地域の事業者のもとに滞在。商品や会社、地域のことを深く理解した上で、後半3日間で世界への扉を開くような”コミュニケーションデザイン”を、アジアと奈良のクリエイターが協働しながら制作・提案しました。

※本プログラムは2015年から独立行政法人国際交流基金と一般社団法人つむぎやが実施している「DOOR to ASIA(http://door-to.asia)」のコンセプトを元にしています。

We had a residency program called "DESIGN CAMP @ Okuyamato with DOOR to ASIA" in Higashiyoshino village in Nara Prefecture from Wednesday, October 11, 2017 to October 19 th (Thursday) .
Invited three designers from Indonesia, Singapore and Taiwan. Among with three Nara local designers, first three days they stayed at local companies to have deep understanding their products, philosophy, history and region then stayed in a creative exchange base facility "Office Camp" in Higashi-Yoshino village in the latter three days.
We proposed a “communication design" to local businesses that would open a door to the world in collaboration with creators from Asia and Nara

※ This program is based on the concept of "DOOR to ASIA (http://door-to.asia)” co-organized by the Japan Foundation and the general corporation Tumugiya from 2015.

COLLABORATION

  • 【養豚・食肉加工】ばあく・泉澤農園
    (五條市)
  • 【林業】豊永林業株式会社
    (下市町)
  • 【農業】(株)パンドラファームグループ
    (五條市)

【養豚・食肉加工】ばあく・泉澤農園 (五條市)
Handmade Ham・Sausage, Restaurant : BAAKU・IZUSAWA Farm
(Gojyo shi)

"Baaku" that mothers gathered together from the members of Mama’s volleyball team makes meat processing products such as ham, bacon and sausage from their pig farm, and managing a restaurant with a passion of making delicious only with natural materials.

http://baaku.jp/

DESIGNERS

赤司 研介

Kensuke Akashi

Jonathan Yuen

(Singapore・シンガポール)

Izusawa farmstead is a successful family business. Baaku is famed for their high-quality, allergen-free pork products. The family raises their own pigs in an organic environment, and has since enjoy local community support and obtained a respectable degree of publicity and recognition.

However, thinking forward, Izusawa would like to initiate a better business model where it is more sustainable in terms of wastage from meat processing, and engage in an even closer relationship with buyers and community to share and educate the benefits of high-quality organic poultry.

泉澤農園は成功した家族経営の会社であり、ばあくは高品質のアレルギー対応した豚肉製品で有名です。家族はオーガニックな環境で自分達の豚を飼育し、地元の地域社会の支持、高い評価を受けています。

それだけでなく進んだ考えを持っていて、食肉加工における無駄をより持続可能な、より良いビジネスモデルにしたいと思っています。買い手とより親しい関係を作り、そしてコミュニティでシェアしたり、高品質のオーガニックな食用肉の利点を教えたりします。

Through our homestay with Izusawa family and involved ourselves in the day-to-day activities in farm and poultry productions, we gained a level of insights and understandings of their attempt at the new business model of ‘share a pig’.

For our proposal, we’ve developed two strategies to help extend and expand the opportunities for the ‘share a pig’ model.

The first approach is to further refine the ‘share a pig’ programme with more community driven aspects incorporated - beside sharing the meat, the programmes expanded to involves local chefs to make innovative recipes. Through sharing of food, conversations, and interactions at the programme social gathering, the strategy hopes to cultivate new generations of consumers that would appreciate the philosophy of Baaku.

The second approach is a refreshed branding design for Baaku, particularly with emphasis on the new brand design elements and strategies that are synergistic and forward-looking to promote and support the programme. The new design exercise attempts to elevate Baaku brand values, and make it accessible and appeal to newer generations of consumers through new packaging and communication design.

泉澤家のホームステイでは、農園や食肉加工における日々の活動を通じて、新しいビジネスモデルの「豚まるごとシェア」の取り組みに対して、深い示唆や理解を得ました。

私たちの提案では、「豚まるごとシェア」モデルの機会を広げ、そして拡大するための2つの戦略を開発しました。

第1のアプローチは、コミュニティ主導の側面を組み込んだ「豚まるごとシェア」プログラムなので、ただ肉をシェアするだけでなく、地元のシェフが参加して新しいレシピを作ることが拡張されています。交流会などで食べ物、会話、交流をシェアすることで、ばあくの哲学に賛同する新しい世代の消費者を掘り起こしたいと考えています。

第2のアプローチは、ばあくのブランディングデザインの一新で、新しいブランドのデザイン要素を洗練させ、シェアプログラムを促進しサポートするために相乗的かつ先見的な戦略を重視しました。新しいデザインを使うことで、ばあくブランドの価値を高め、新しいパッケージングやコミュニケーションデザインを通じて新しい世代の消費者に届きやすくすることを提案しました。

DESIGNERS PROFILE

赤司 研介(SlowCulture代表)

1981年、熊本県生まれ宇陀市在住。東京の広告制作会社でライターとしてのキャリアを積み、2012年に奈良県へ住まいを移す。2児の父。移住後は大阪の印刷会社CSR室に勤務し、「これからの社会に必要な情報をつくる」をテーマにさまざまな地域プロジェクトに携わる。2016年より独立し、「自然である健やかな選択」をする人が増えていくための編集・執筆に取り組んでいる。奈良のものごとを日英バイリンガルで編集するフリーペーパー「naranara」編集長。「NPO法人 ミラツク」研究員。Webマガジン「greenz.jp」や「京都市ソーシャルイノベーション研究所 SILK」のエディター・ライターとしても活動中。

Kensuke Akashi Representive of Slow Culture
Born in Kumamoto Prefecture in 1981, now he lives in Uda City, Nara and started a career as a writer in an advertisement production company in Tokyo and move my base to Nara prefecture in 2012. Now he is a father of two children. After moving to Nara, I worked at CSR office in printing company in Osaka and engaged in various regional projects with the theme of "Creating necessary information for the future society". He became an independent from 2016 and is working on editing and writing, to increase the number of people who would like to make "naturally healthy choice". Editor-in-chief of the free paper "naranara" editing Nara's things in Japanese and English bilingual. Researcher for “NPO corporation Miratsuku". He is also working as an editor / writer for web magazine 'greenz.jp' and 'Kyoto city social innovation laboratory SILK'.

Jonathan Yuen / ジョナサン ユアン (Singapore・シンガポール)

多分野のグラフィックデザイナーで、2011年にシンガポールに拠点を置くクリエイティブブランディング兼デザインスタジオであるRootsを設立。大小問わず様々なクライアントと仕事をしており、その分野はブランディング、グラフィックデザイン、インタラクティブ、プロダクトアイデア、アートに渡る。 D&AD賞、Cannes Lion、The One Show、東京TDCなどの栄誉ある国際デザイン賞を受賞している他、デザイン機関での講義や、シンガポールや海外での多数の賞の審査員を務めている。

He is a multidisciplinary graphic designer. He founded Roots, a creative branding and design studio based in Singapore, in 2011. He work with clients big and small, across the field of branding, graphic design, interactive, product ideas and art. Jonathan has received recognition and awards from some of the pretigious international design awards, including D&AD Awards, Cannes Lion, The One Show and Tokyo TDC. He has also given lectures in design institutions, and served as juries in a number of award shows, both local and aboard.

【林業】豊永林業株式会社(下市町)
Forestry : HOUEI Forestry Co.,Ltd. (Shimoichi machi)

HOUEI Forestry is responding for planting forests in the Yoshino district of Nara Prefecture and for sales of logs. Most of members are from the suburbs of Yoshino area, and some moved the area from suburbs area in Osaka and they are fine with forest work.

http://www.houeiforestry.com/

DESIGNERS

勝山浩二

Koji Katsuyama

Fandy Susanto

(Indonesia・インドネシア)

Although wood has been an integral part of the society of Yoshino, the value has been decreasing due to some issues. One of them is the fact that there are alternatives to replace woods in making houses. Concrete houses became popular in Japan as it is a cheaper option and easier to maintain. The knowledge and the rich story of Yoshino woods slowly fade away. From my brief encounter, I personally think that the importance of the woods and its spirit are not well passed down to the wider society in Japan, especially the younger generation. Not to mention outside Japan. This could later be a snowball effect kind of problem i’m afraid.

木材は吉野地域の社会に不可欠なものですが、いくつかの理由によって価値が下がっています。その一つは、家を作る建材に、現在は木材ではない代替材があることです。日本ではコンクリート住宅は、安価な選択肢としてメンテナンスが容易なため普及しました。吉野の木にまつわる知恵や豊かな物語がゆっくりと消えていく。短期間の滞在を通して、私は森林とその精神の重要性が日本の広い社会、特に若い世代には伝わっていないと思いました。海外はもちろんのこと、これでは後で雪だるま式に大きな問題になってしまうかもしれません。

The basic idea was to create the awareness with concrete information of yoshino woods as much as possible, and as visual as possible. Based on the talks with my fellow Indonesian (architects), the prices of Yoshino woods are acceptable though they are higher. Yoshino woods are aesthetically appealing with its 4 season lines, unlike the tropical countries with 2 seasons.

Our proposal was to create temporary designed exhibition in Jakarta, whereas the culture from both countries would collaborate. The collaboration will be between Yoshino woods (materials) with well-known Indonesian architect/s, interior designer/s, and product designer/s. The designers would design the space with Yoshino woods as the main material. To be exhibited at the right venue is also very important in order to give a distinct good impression. Lastly with the support from IAI (Indonesian Architect Association) and risen awareness from media channels, the door to enter the market could be well opened.

基本的なアイディアとして考えたのは、できるだけ吉野の森林の具体的な情報を、可能な限り視覚化して認識を作ることです。私の仲間のインドネシア人(建築家)との会話によると、吉野の木材の価格は高いですが、受け入れられるであろうとのことです。吉野の木は、2シーズンの熱帯諸国とは違って、四季によって生まれるラインで美的な魅力があります。

私たちの提案は、ジャカルタで期間限定の展覧会を開催することで、さらには双方の国の文化がコラボレーションしていることが重要です。インドネシアの有名建築家、インテリアデザイナー、プロダクトデザイナーと吉野の木材(素材)の間でコラボレーションが行われます。デザイナーは、吉野の木材を中心に空間をデザインします。正しい会場で展示することも、明確な印象を与えるために非常に重要です。 さらには、IAI(インドネシア建築家協会)の支援とメディアからの認知拡大によって、市場参入の扉が開かれることでしょう。

DESIGNERS PROFILE

勝山浩二

グラフィックを軸にした広告デザインやWEB、プロダクト、企業ブランディングなどを手がける。地域プロジェクトなどを手がける大阪のデザイン事務所を経て、奈良県奥大和地域にてデザイナーとして活動。これまで培ってきた自身のデザイン&ブランディング能力を使い、奥大和の持つ問題の「内側」へ入り、そしてデザインやブランディングによる問題解決という意識を、奥大和地域という土地で根付かせていきたいと考える

He works on graphic-based advertising design, WEB, product and corporate branding, etc. After worked regional projects at design office in Osaka, he moved and works in active as a designer in Okuyamato area in Nara Prefecture‪.‬
He would like to introduce an idea of problem solving by design and branding, using my own design & branding abilities and entering the “inner” of the problem of Okuyamato.

Fandy Susanto / ファンディ スサント (Indonesia・インドネシア)

インドネシアのジャカルタ生まれ、シドニーのスウィンバーン大学で学士号を取得。ブランド構築の真の意味を深く注ぎ込む多分野のグラフィックデザインスタジオ、Table Sixを経営。 従来の企業プロジェクトではなく、Table Sixは革新的でクリエイティブなプロジェクトを中心にポートフォリオを作っている。 プロジェクトを完成させる喜びだけではなく、 彼の本当の楽しみは、アイデアが浮かび、実行され、評価され、再評価される「プロセス」の間にある。現在、以下のようなプロジェクト:Sunset Limited:アート&デザインエンタープライズスカウトユニットのキュレーションとコミュニティベースのアート&デザインスペースの構築に携わっている。

Born in Jakarta, Indonesia, and graduated from Sydney’s Swinburne University with a Bachelor of Arts. He runs Table Six, a multi-disciplinary graphic design studio deeply invested in the true meaning of brand building. Instead of conventional corporate projects, Table Six looks to build its portfolio with mind-broadening creative projects. Though he takes pleasure in finalizing projects; his true enjoyment comes during the “process”, when ideas are floated, executed, evaluated, and re-evaluated. He is currently involved in projects such as: curating the art-and-design enterprise Scouting Unit, as well as building the community-based art-and-design space; Sunset Limited.

【農業】(株)パンドラファームグループ (五條市)
Agriculture association : Pandora farm corporation group (Gojyo shi)

Pandora has been established jointly by producers who are committed to safe and secure agricultural products, started production of plums and persimmons for about 40 years. We mainly produce plums and dried persimmons without using additives as much as possible, and provide safe and delicious meals.

http://www.nouyusha.com/

DESIGNERS

坂本 大祐

Daisuke Sakamoto

Pip Lu

(Taiwan・台湾)

Pandora Farm is a very kind agriculture company, After have 3 days experience at their production line,i notice that all the employee are really proud of the company and every one also respect other position in production line.
First day Me and Dai chian went to Pandora's persimmon farm to harvest, the smile of those farmers still vividly in my mindafter second and third days peeling persimmon and packaging works, we found that they are really a pure and kind company,they only focus on sustainable development of good and health crops but not income.
due to the aging population problem getting more serious in Nara,the Pandora company stat to worry about how these good crops can be sustainable in future.

パンドラファームは非常に親切な農業会社です。生産ラインで3日間の経験をし、私はすべての従業員が本当に会社を誇りに思い、他の生産ラインの他の業務を尊重していることに気づきました。
最初の日、私と大ちゃんはパンドラファームの柿農園に行き、収穫をしました。農園での彼らの笑顔はまだ私の心の中で生き生きとしています。二日目、三日目の柿の皮むきや梱包作業を通じて、本当に純粋で親切な会社であることがわかりました。
彼らは収益を考えるのではなく、良質で健康な作物の持続可能な開発にのみ焦点を当てています。
奈良で人口の高齢化が深刻化していることから、これらの優れた作物が将来どのように持続可能であるかを常に考えております。

After We discuss about the complicate problem of Pandora Farm company, We start to separate to get the source we need, Dai chian really got deep into the industrial structure of Company and try really hard to explain to me,Finally we came up with a idea - 農園學校 , It's like a school of diversity. Start from Nara to International.

Is quite hard to change their view or opinion in 40-50 year-old generation, so we have to start to give 「Correct agricultural knowledge」to their kids.

there are multi way to let kids get interested with agricultural, we think that Pandora Farm could start collaborate with elementary school,to offer elementary student fresh persimmon as a lunch dessert (just like milk), and could also have a 1-2 days workshop to visit production line of persimmon.

the workshop way could also suit for family trip! after then, Pandora Farm could also invite the foreigner to have the farmer experience like working holidays.

In other words, for the sustainable development of crops, we suggest to focus on education.

パンドラファームの複雑な課題について話し合った後、私たちは必要な情報を得るために役割を分けました。

大ちゃんは会社の産業構造を深く追求してくれて、私に本当に一生懸命に説明してくれました。

そして私たちは、「農園学校」というアイディアを思いつきました。それは多様性がある学校のようなもので、奈良からインターナショナルへの展開を目指します。

40-50歳の年齢(*主要なお客様層だと思います)の方の考え方を変えるのはかなり難しいので、その代わりに子供たちに「正しい農業知識」を伝えることから始めなくてはいけません。

子供たちが農業に興味を持つようにするためには色々なやり方がありますが、まずパンドラファームは小学校とのコラボレーションを始め、小学生に新鮮な柿を昼食のデザート(牛乳のようなもの)として提供し、柿の生産現場を訪問する1~2日間のワークショップを開催します。

またワークショップは家族旅行にぴったりです!その次の展開としては、外国人向けにワーキングホリデーのような機会を利用して農業体験をしてもらうこともできます。

つまり、農業の持続可能な発展のために、教育に力を入れることを提案します。

DESIGNERS PROFILE

坂本 大祐

1975年、大阪府生まれ。和歌山県でデザイナーとして活動をスタート。身体を壊したのを機に、2006年、両親が移住していた奈良県・東吉野村へと拠点を移す。移住後は県外の仕事を受けながら、今までの働き方や生活を見直し、自分にとって居心地のいい新たなライフスタイルを模索。ある出会いをきっかけに、奈良県内の仕事が増え、商品やプロジェクトなどの企画立案からディレクションまで手がけるデザイナーとしてさまざまな案件に携わる。2015年3月にオープンした「OFFICE CAMP HIGASHIYOSHINO」設立時にも企画からデザイン、運営までを担当。村と外をつなぐパイプ役として、東吉野村を拠点に活動中。

Daisuke Sakamoto
Born in Osaka Prefecture in 1975. Started as a designer in Wakayama Prefecture. In 2006, I moved my base to Higashi-Yoshino village, Nara Prefecture, where my parents had already migrated ,because I was ill. After emigrating, I am looking for a new lifestyle that is comfortable for myself, reviewing my way of working and life, while receiving work outside the prefecture. As a result of encounters, a work in Nara prefecture has increased, and he was involved in various projects as a designer working from product planning and project planning to direction. He is also responsible for planning, design and operation to the establishment of "OFFICE CAMP HIGASHIYOSHINO" opened in March 2015. He is active based in Higashiyoshino village, as a pipe to connect between the village and the outside.

Pip Lu (Taiwan・台湾)

グラフィックデザイナーで、台湾、台北市を拠点のデザインスタジオO.OOのオーナーとして、Forty Liuと共に設立時からデザインとリソグラフ印刷を手掛けている。
彼女は、あらゆる新しいプロジェクトやチャレンジによって、解決方法を見つけ出し、デザインとリソグラフ印刷の可能性を発見することができると信じている。

O.OO is a design studio based in Taipei, Taiwan, run by Pip Lu and Forty Liu, Since opening they have been offering Design and Risograph printing solutions.
She believe that with every new project or challenge, they can uncover solutions, and discover the possibilities of Design and Risograph printing.